2020年10月03日

紹介している作品一覧

最近のバレエ情報や公演の感想は「バレエに行こう」をどうぞ。各作品ページに、自分がみた公演の感想をトラックバックしてます。

◆全幕バレエ(古典)
 白鳥の湖        ジゼル      眠りの森の美女
 胡桃割り人形      海賊       ライモンダ  
 ラ・バヤデール(バヤデルカ)       ドン・キホーテ 
 パキータ
 
◆全幕バレエ(新しい作品)
 ロミオとジュリエット   マノン      オネーギン
 シンデレラ        スパルタクス
 バフチサライの泉   シルヴィア

◆モダン
 春の祭典        ボレロ      放蕩息子     牧神の午後
 シンフォニック・バリエーション     ル・パルク      バレエ・フォー・ライフ
posted by とらのお at 00:00 | TrackBack(0) | 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

牧神の午後

もっとも有名なのは、ニジンスキーが振付した作品。

1912年に初演されたニジンススキーの「牧神の午後」は、一切のジャンプを排除して、横向きの顔だけをみせて、まるで絵画のような独特の動きが特徴。(ニジンスキーはエジプト古代絵画からヒントを得たといわれてます)
続きを読む
posted by とらのお at 22:03 | TrackBack(3) | モダンバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

ル・パルク

振付家アンジュラン・プレルジョカージュがパリ・オペラ座のために振り付けた全3幕の作品。初演は1994年、パリ・オペラ座。

18世紀の宮廷の恋愛模様を描いたよう作品。音楽は全体にモーツァルトが使われていて、庭師が登場する場面には現代曲が挿入されています。
続きを読む
posted by とらのお at 01:23 | TrackBack(2) | モダンバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

シルヴィア

音楽はドリープ。もともとは1876年にパリ・オペラ座で初演されたバレエですが、その後演じられなくなり、1952年にフレデリック・アシュトンの振り付けで再演されました。

最近では、パリ・オペラ座でノイマイヤー版も上演されてます。
続きを読む
posted by とらのお at 02:29 | TrackBack(2) | 全幕バレエ(新しい作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

バフチサライの泉

初演は1934年@レニングラード。旧ソ連時代につくられた比較的あたらしい全幕バレエ。いまではあまり上演される機会は少ない。
続きを読む
posted by とらのお at 12:39 | TrackBack(1) | 全幕バレエ(新しい作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

海賊

ガラで踊られるパ・ド・ドゥが有名。但し、このパ・ド・ドゥは、全幕では、コンラッド、アリ、メドーラのパ・ド・トロワになっています。

初演は1856年、音楽はアドルフ・アダンで、後にドリゴなどの音楽が追加されています。
続きを読む
posted by とらのお at 11:50 | TrackBack(4) | 全幕バレエ(古典) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライモンダ

1898年、マリインスキー劇場で初演されました。振付はマリウス・プティパ、音楽はグラズノフ。

数々の古典バレエを作り上げたプティパの晩年の作品です。舞台は中世のフランス、通常は3幕構成で上演されます。
続きを読む
posted by とらのお at 11:40 | TrackBack(3) | 全幕バレエ(古典) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れる森の美女

音楽はチャイコフスキー、原振付はマリウス・プティパ。

悪魔の呪いで眠りについた姫が、王子のキスで目覚めるという、みんなが知っている童話を元にしたバレエです。通常はプロローグ付3幕構成(とても長い)。
続きを読む
posted by とらのお at 11:30 | TrackBack(8) | 全幕バレエ(古典) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡桃割り人形

音楽はチャイコフスキー。バレエを知らなくても、聞いたことがあるような有名な曲がたくさんあります。通常は全2幕。
続きを読む
posted by とらのお at 11:20 | TrackBack(4) | 全幕バレエ(古典) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドン・キホーテ

初演は1869年、ボリジョイ劇場にて。音楽はレオン・ミンクス。

原振付は、マリウス・プティパだが、現在上演されているドン・キホーテの多くは、ゴルスキーによる改訂版をベースにしているものが多い。スペインの町を舞台にした陽気なコメディ。
続きを読む
posted by とらのお at 11:20 | TrackBack(2) | 全幕バレエ(古典) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。